ここでしか買えないお酒

『田村』のこだわり企画 - ネット初登場 匠のお米「たむら」土作りから乾燥、出荷まで手を抜かない 『米作りの匠』と、弊社『食味鑑定士』『米博士・三ツ星お米マイスター』の二人が徹底して監修した逸品です。 - 【米処 うつくしま】は桜の里「田村市」にあります。写真『願いの桜』
『田村』のこだわり企画 - あぶくま山系の山並み 福島県田村地域は、豊かな気候風土から日本でも屈指の米どころとして知られる福島県中通り地方の阿武隈高原に位置し、東部の高原特有の丘陵起伏地域、中部北部の中山間地域、西部南部の平坦部とそれぞれの地域で自然の特性をいかした米づくりが盛んに行われています。<br />
米づくりに最も大切な時期が、穂の発育期から登熟期にあたる7月中旬〜9月中旬。日中は晴れて気温が高く、夜間は低めという寒暖の差の大きさがおいしいお米を作ります。三地域の特徴を生かした品種の作付けによる良食味、高品質米の生産が地域をあげて積極的に行われております。 -  自然乾燥(はせがけ)風景 お米の本場、有数の米の産地として知られるみちのく福島の中央『田村』土作りから徹底したこだわりを持つ農家が作っています。そのために牛を飼うなど、有機堆肥作りから始めます。<br />
完熟堆肥を中心に有機肥料を使用した栄養たっぷりで安全な農法で作られています。<br />
乾燥は、収穫の多くをハゼ掛け、天日・自然乾燥にしました。数量限定のお奨め品です。 - 今年も豊作です 土作りから乾燥、出荷まで手を抜かない『米作りの匠』と、弊社、『食味鑑定士』『米博士・三つ星お米マイスター』の 二人が徹底して監修した逸品です。米処 うつくしまの自信作どうぞご賞味ください。みちのく・うつくしま福島の太陽の恵みをいっぱいに受けた天日干し、自然乾燥米で今年も田村の米の匠たちは、光・香り・旨み、抜群のお米を穫り上 げました。田村コシヒカリ・田村ひとめぼれ・田村ふくみらいなど、プロの逸品をご賞味ください。
8