【無洗米】30年産福島県産・特選会津コシヒカリ20Kg(5kg×4袋) [ocn-k-m-ak-20]

【無洗米】30年産福島県産・特選会津コシヒカリ20Kg(5kg×4袋) [ocn-k-m-ak-20]

販売価格: 9,240円(税込)

重み: 20kg

在庫数 50点
数量:

商品詳細

● 当店、食味鑑定士・お米マイスターの2人が検討の結果、最新式の無洗米機を導入。
● 水をいっさい使用しません。だからお米の酸化が進まず、従来に比べ2倍の期間保管が出来ます。精米の段階でも環境にやさしいのです。
■美味しくて、白く輝いた、手間いらずの、環境にやさしいごはんとなるのです。
● 水を使わない特殊な製法なので工場から排水がまったく出ません。
● お米をとぐ必要がないので、ご家庭でもとぎ汁が出ません。
● 工場で出る米ぬかも有機肥料や家畜の餌としてリサイクルできます。
● お米をとぐ必要がないので、水道料金の節約になります。
●お米のとぎこぼしによる目減りがなく、無駄なぬか分を取り除いておりますので、正味重量が実質的に多くなります。

無洗米 炊き方
1.お米をキチンと計る おいしいごはんの第一歩
お米は、計量カップ(180ml)で正確に計ります。この同じカップで水加減もします。
2.水加減 おいしさを左右するポイント
お米を計った同じカップか炊飯器の目盛りででキッチリ水加減をしましょう。
洗う前のお米の容量の20%〜30増しを標準とします。
品種や年産、水分、好みによっても変わります。一度炊飯してみて多少の調整をします。
※無洗米は加水時に、白く濁る場合がありますが、ほとんどはデンプン質の溶出によるものです。
気になる場合は、軽く2〜3回水ですすいでください。
3.水に浸す お米に充分水を吸わせる
水温によって多少異なりますが、夏・・・・30分〜1時間位、冬・・・・1〜2時間位(水温の低い時)
急ぐときは、40〜50度のぬるま湯に15〜20分位
4.スイッチ ON!!
5.じっくり蒸らす 10〜15分
スイッチが切れたら3〜5分後、再びスイッチを入れ点火。
電気釜・・・・(10〜15秒)  ガス釜・・・・(5秒) 余分な水分を飛ばします。
10〜15分蒸らします
炊き上がり しゃもじでほぐして最後の仕上げ
ごはんが炊き上がって蒸らしが終わったら、できるだけ早くごはんをほぐします。
鍋肌からしゃもじを入れ、釜の底の方からごはん粒をつぶさないように、大きく掘り起こすようにふんわり混ぜると、余分な水分が逃げてふっくらおいしいごはんになります。

【無洗米】福島県産・会津コシヒカリ 【無洗米】福島県産・会津コシヒカリ
★価格を見直し、さらにお求めやすくなりました。
味、かおり、粘り、すべてにおいてバランスのとれたおいしさで、人気NO1のお米です。
特選会津コシヒカリは、【お米の里うつくしま福島】の会津産コシヒカリ100%の当社推奨のお米です。
今年も会津コシヒカリは、食味ランク、特Aの評価を受けました。魚沼コシヒカリと同じ評価です。人気急上昇中の逸品です。業界では、魚沼コシをしのぐとも・・・味も価格も当社の自信作です。
一般的な特徴
かおり ★★★★ 粘り ★★★★★ かたさ ★★★★
こんな経験ありませんか?
どのお米を食べても味の違いがわからない。
近くのスーパーやお米屋さんにおいしい米がない。
米の表示と中身が一致しているか不安だ。 産直で購入したが値段が高い。
玄米価格で購入したが精米に換算したら結局、高かった。『精米は、1割重量が減ります』
米処うつくしま 4つの安心のお約束
当店では、玄米の段階で一度、小石、砂を取り除き、白米にしてから、さらに石抜きをします。(農作物ですから、どうしても細かい土や石が混じっているものなのです。)
さらに炊きあげたとき、ベタベタとのりのようなご飯になってしまう原因になる砕けた米粒を選別、取り除いて、粒を揃えます。さらにその後、小石、砂以外の色の付いたお米や米以外の異物(草の実など)を取り除き、塵を取って仕上げます。
『米処 うつくしま』では、新米時期はおいしさを削りすぎないよう精米度合いをやや弱くするなど、時期に応じた精米をして仕上げています。
ご注文いただいてから精米し、おいしさそのままに新鮮な精米したてをお届けいたします。