福島県 【30年産】匠の米「田村ひとめぼれ」15kg(5kg×3袋) [ocn-k-tamura-hitome-15]

福島県 【30年産】匠の米「田村ひとめぼれ」15kg(5kg×3袋) [ocn-k-tamura-hitome-15]

販売価格: 6,630円(税込)

重み: 15kg

在庫数 49点
数量:

商品詳細

匠の米・田村ひとめぼれ 匠の米「田村ひとめぼれ」
特に粘りのあるお米が好みの方の支持率NO1のお米です。ネット初登場 のお米です。JAたむらの稲作部会 の米作りのプロが手塩にかけて作りました。 人気急上昇中の逸品です。

匠の米・田村ひとめぼれは、【お米の里うつくしま福島】 田村産 ひとめぼれ検査1等米100% の当社推奨のお米です。

昨年は、田村地域が位置する中通産ひとめぼれが 食味ランク、特A の評価を受けております。これは、魚沼コシヒカリと同じ評価で田村のひとめぼれの美味しさが立証されました。ライバルは、もちろん魚沼コシヒカリです。地域をあげて良質米の生産普及に取り組んでおり 味も価格も当社の自信作です。当社 食味鑑定士・お米マイスター推奨の商品です。

福島県田村地域は、豊かな気候風土から日本でも屈指の米どころとして知られる福島県中通り地方の阿武隈高原に位置し、東部の高原特有の丘陵起伏地域、中部北部の中山間地域、西部南部の平坦部とそれぞれの地域で自然の特性をいかした米づくりが盛んに行われています。
米づくりに最も大切な時期が、穂の発育期から登熟期にあたる7月中旬〜9月中旬。日中は晴れて気温が高く、夜間は低めという寒暖の差の大きさがおいしいお米を作ります。三地域の特徴を生かした品種の作付けによる良食味、高品質米の生産が地域をあげて積極的に行われております。

一般的な特徴
かおり ★★★★ 粘り ★★★★★★ かたさ ★★★
田村の匠のお米が出来るまで
あぶくま山系の山並み 福島県田村地域は、豊かな気候風土から日本でも屈指の米どころとして知られる福島県中通り地方の阿武隈高原に位置し、東部の高原特有の丘陵起伏地域、中部北部の中山間地域、西部南部の平坦部とそれぞれの地域で自然の特性をいかした米づくりが盛んに行われています。
米づくりに最も大切な時期が、穂の発育期から登熟期にあたる7月中旬〜9月中旬。日中は晴れて気温が高く、夜間は低めという寒暖の差の大きさがおいしいお米を作ります。三地域の特徴を生かした品種の作付けによる良食味、高品質米の生産が地域をあげて積極的に行われております。
あぶくま山系の山並み
お米の本場、有数の米の産地として知られるみちのく福島の中央『田村』土作りから徹底したこだわりを持つ農家が作っています。そのために牛を飼うなど、有機堆肥作りから始めます。
完熟堆肥を中心に有機肥料を使用した栄養たっぷりで安全な農法で作られています。

自然乾燥風景
自然乾燥(はせがけ)風景
みちのく福島の中央「田村」 米の匠【稲作部会】
お米の本場、有数の米の産地として知られるみちのく福島の中央「田村」。
土地作りから徹底したこだわりを持つ農家が作っています。
そのために牛を飼うなど、有機堆肥作りから始めます。完熟堆肥を中心に有機肥料を使用した栄養たっぷりで安全な方法で作られています。
数量限定のお奨め品です。
土地作りから乾燥、出荷まで手を抜かない『米作りの匠』と、弊社『食味鑑定士』『米博士・三ツ星お米マイスター』の二人が徹底して監修した逸品です。
米処 うつくしまの自信作をどうぞご賞味ください。
みちのく・うつくしま福島の太陽の恵みをいっぱいに受けたお米です。
 
こんな経験ありませんか?
どのお米を食べても味の違いがわからない。
近くのスーパーやお米屋さんにおいしい米がない。
米の表示と中身が一致しているか不安だ。産直で購入したが値段が高い。
玄米価格で購入したが精米に換算したら結局、高かった。『精米は、1割重量が減ります』
米処うつくしま 4つの安心のお約束
当店では、玄米の段階で一度、小石、砂を取り除き、白米にしてから、さらに石抜きをします。(農作物ですから、どうしても細かい土や石が混じっているものなのです。)
さらに炊きあげたとき、ベタベタとのりのようなご飯になってしまう原因になる砕けた米粒を選別、取り除いて、粒を揃えます。さらにその後、小石、砂以外の色の付いたお米や米以外の異物(草の実など)を取り除き、塵を取って仕上げます。
『米処 うつくしま』では、新米時期はおいしさを削りすぎないよう精米度合いをやや弱くするなど、時期に応じた精米をして仕上げています。
ご注文いただいてから精米し、おいしさそのままに新鮮な精米したてをお届けいたします。