17500ポイント・金賞受賞蔵の逸品 大七酒造・生元純米大吟醸雫原酒 宝暦大七 1800ml×1本 事業所コード M020 商品コード [32]

17500ポイント・金賞受賞蔵の逸品 大七酒造・生元純米大吟醸雫原酒 宝暦大七 1800ml×1本 事業所コード M020 商品コード [32]

販売価格はお問い合わせください。

在庫あり

商品詳細

福島県二本松市。名峰、安達太良山麓の美しい自然は、日本三井戸の一つ「日影の井戸」をはじめとする、豊かな名水をこの地に授けました。伝承によれば、清和源氏に連なる太田家は寛永年間(1624-1643)に伊勢国より三人兄弟で二本松に来住したといわれ、それぞれに酒造業を営み、やがて領内で最高格の商人となりました。明和の三郎兵衛好重、村上源氏の来歴をもつ安永の長左衛門豊春らが家勢を大いに盛り立て、好重の子、三良右衛門が分家し、宝暦二年(1752年)に現在の大七酒造を創業しました。これを始祖として、三代目以降は七右衛門を襲名するようになり、以後、十代目の今日まで、酒造り一筋に発展を遂げています。初期の酒銘「大山」は、後に七右衛門にちなむ「大七」と改称されました。大七酒造は、八代目七右衛門の時代に全国清酒品評会第一位など輝かしい成果を収め、今や稀少となった正統的醸造法「生もと造り」の全国随一の担い手として評価を確立しました。近年は米国や欧州でも高い評価を得るに至っています。

 
醸造元   大七酒造株式会社  福島県二本松市竹田1-66
未成年者への酒類販売はお断りいたします。
●ご注文時に、ご年齢の記入をお願い致しております。
お手数をお掛けいたしますが、みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

金賞受賞蔵の逸品 大七宝暦  <純米大吟醸雫原酒>  1800ml×1本 

 

生元純米大吟醸 雫原酒

 

召し上がり方
 10〜13度程度に冷やして。そのまま食前酒・食後酒としていただくか、柔らかな旨味をもった料理と

料理例
 そのまま食前酒・食後酒として。また、メロン・イチゴなどのフルーツ、生ウニ、ハモの湯引き、スモークサーモン、北京ダック、鶏のクリームシチュー、仔牛のカツレツ・レモン添えなど。

醸造元 

大七酒造株式会社 
福島県二本松市竹田1-66

配送方法

宅配便(季節によりクール便)

生もと造りの純米大吟醸原酒の雫酒。甘酸っぱい良く熟した果実のような精妙で豊かな香気をふくよかでクリーミーな香りが包み込み、極めてバランスが良く気品のあるボディで、最高の評価があります。比類のない豊醇さは他の追従を許しません。(限定品)